メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災で不明扱い

石巻の男性生存 家出して神奈川に

 東日本大震災で行方不明とされていた宮城県石巻市出身の男性(50)が神奈川県内で生活していたことが判明した。宮城県警によると、震災による同県内の行方不明者は1人減り、1220人となった。

 県警によると、男性は震災前に家出をして行方が分からなかったが、震災後の2011年4月、姉が「(石巻)市内で津波に巻き込まれたかもしれない」と県警に行方不明届を出していた。

 ところが今年10月17日、神奈川県警の警察官が同県内をパトロール中、男性を発見。宮城県警が家族による写真確認などを行い、同月31日に本人と特定した。男性は「震災当時は関東方面にいた」と話しているという。

 震災で行方不明とされた人の生存が他県で確認されたのは、同県警では震災直後を除いて2例目。【遠藤大志】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです