特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はやぶさ2

小型探査ロボ不具合 撮影や温度測定不可能か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
小惑星リュウグウの地表に着陸する探査機「はやぶさ2」のイメージ=池下章裕さん提供
小惑星リュウグウの地表に着陸する探査機「はやぶさ2」のイメージ=池下章裕さん提供

 東北大は8日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」に搭載している小型探査ロボット1台に不具合が生じたと発表した。来年7月ごろに小惑星リュウグウに投下される予定だが、内部基板がうまく作動しない状態で、搭載カメラによる撮影や温度測定ができない可能性が高いという。

 ロボットは直径15センチ、高さ15セン…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文332文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集