メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麗しの島から

台湾統一地方選で起きる「韓流」ブーム

 台湾の次期総統選(2020年)の行く末を占う統一地方選(11月24日投開票)は、蔡英文総統率いる与党・民進党が苦戦を強いられている。原因の一つが「韓流」ブームだ。韓国の音楽やファッションなどを指す「韓流」ではない。主役は南部・高雄市の市長選に野党・国民党から出馬している韓国瑜氏(61)。爆発的な人気を博し、台湾全体の選挙情勢にも影響を与えそうな勢いだ。民進党が高雄市で敗れるなどの結果になれば、蔡総統の責任論に発展し、20年総統選の情勢に大きく影響する。

この記事は有料記事です。

残り3559文字(全文3788文字)

福岡静哉

台北特派員。1978年和歌山県生まれ。2001年入社。久留米支局、鹿児島支局、政治部などを経て2017年4月、台北に赴任した。香港、マカオのニュースもカバーする。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです