メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外JOC竹田会長が退任表明 6月の任期満了で
東京フィルメックス

存続の危機を乗り越え今年も開催 今見るべきアジア映画が集まる映画祭

オープニング作品は、本年度ロカルノ映画祭で最優秀男優賞を受賞したホン・サンス監督の「川沿いのホテル」

 2000年にスタートし、世界で注目される独創性の強いアジア映画を上映する映画祭「東京フィルメックス」が、今年も無事に17日から25日まで、東京の有楽町朝日ホールを中心に開催される。今春、メディアを騒がせていた北野武監督の独立・新会社設立問題も絡み、最大スポンサーだった芸能事務所で映画製作・配給会社の「オフィス北野」は撤退。一時は映画祭の存続を危ぶむ声も上がっていた。映画祭ディレクターの市山尚三さんに、騒動の経緯や今年の見どころなどを聞いた。【西田佐保子】

この記事は有料記事です。

残り2917文字(全文3147文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  4. 「いだてん」ピエール瀧容疑者の代役は三宅弘城さん
  5. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです