メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PGA Tour

Discovery、PGA TOUR、ジュピターゴルフネットワークとの 新たなパートナーシップを発表(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

日本のゴルフファンに世界レベルのコンテンツを提供

DiscoveryとPGA TOURの12年間の契約合意以来、2019年1月のGOLFTV(powered by PGA TOUR)開始を目前に、初の放送パートナーシップが実現

Discovery、PGA TOUR、そして、国内最大手のケーブルテレビ事業・番組供給事業統括運営会社である株式会社ジュピターテレコム(J:COM)の連結子会社のジュピターゴルフネットワーク株式会社は本日、日本のゴルフ番組視聴者の増大に向けた画期的なパートナーシップを発表しました。この新しいパートナーシップを通じ、ジュピターゴルフネットワーク が展開するゴルフ専門チャンネル「ゴルフネットワーク」にてPGA TOURのライブ放送をはじめ、GOLFTVを有効活用した幅広く活気あるデジタルコンテンツを提供し、さらに多くのゴルフファンを魅了します。

2019年1月より、日本のゴルフファンの方々には「ゴルフネットワーク」に加え、「ゴルフネットワークプラス」アプリにて、広範囲に渡るライブ放送を楽しんでいただけます。ライブ放送(※)にはザ・プレーヤーズ選手権、FedExカップ プレーオフ、プレジデンツカップなど、PGA TOURの大規模なトーナメントが含まれます。

また、DiscoveryとPGA TOURが先月発表したライブ配信とオンデマンドビデオストリーミングサービスを提供するGOLFTVにおいても、2019年1月よりサービスが開始となり、PGA TOURの幅広いライブ放送(※)をご覧いただけます。

GOLFTVでは、年間2,000時間以上のライブ放送に加え、豊富なプレミアムコンテンツをオンデマンドで配信し、エンタメ性と情報提供の両方を兼ね備えた豊富なコンテンツをゴルフファンに提供します。さらに、スポーツの最もエキサイティングな瞬間をとらえるとともに、トップ選手、トーナメントなどを特集し、幅広いゴルフコンテンツをあらゆるメディア機器やスクリーンを通してファンの皆様へお届けします。

今回、DiscoveryとPGA TOURとの画期的な戦略的パートナーシップを2018年6月に発表して以来、ジュピターゴルフネットワークが初めての放送パートナーとなります。DiscoveryとPGA TOURの12年に渡る契約の一環として、DiscoveryはPGA TOURのリニア放送権を含む国際マルチプラットフォーム権利を管理しており、このような強力な放送・配信パートナーとの提携を戦略的に実行しています。

また、DiscoveryとJ:COMは、日本におけるCS専門チャンネルの運営、配信で20年以上提携関係にあり、視聴者に満足いただけるコンテンツを提供していくための連携を今後も継続してまいります。

GOLFTVでは、年間2,000時間以上のライブ放送に加え、豊富なプレミアムコンテンツをオンデマンドで配信し、エンタメ性と情報提供の両方を兼ね備えた豊富なコンテンツをゴルフファンに提供します。さらに、スポーツの最もエキサイティングな瞬間をとらえるとともに、トップ選手、トーナメントなどを特集し、幅広いゴルフコンテンツをあらゆるメディア機器やスクリーンを通してファンの皆様へお届けします。

今回、DiscoveryとPGA TOURとの画期的な戦略的パートナーシップを2018年6月に発表して以来、ジュピターゴルフネットワークが初めての放送パートナーとなります。DiscoveryとPGA TOURの12年に渡る契約の一環として、DiscoveryはPGA TOURのリニア放送権を含む国際マルチプラットフォーム権利を管理しており、このような強力な放送・配信パートナーとの提携を戦略的に実行しています。

また、DiscoveryとJ:COMは、日本におけるCS専門チャンネルの運営、配信で20年以上提携関係にあり、視聴者に満足いただけるコンテンツを提供していくための連携を今後も継続してまいります。

Discovery GOLFのプレジデント兼ゼネラルマネージャー Alex KAPLANは次のように述べています。

「長年に渡るDiscoveryとJ:COMグループのパートナーシップを拡大しながら、より関係性を深めるとともに、我々のゴルフ事業においても大変強力なパートナーと組めることを大変嬉しく思います。これは日本のゴルフファンにとって素晴らしいことであり、TV、オンライン、またはモバイル上などファンが観たいと思うプラットフォームにて、年間を通じてスポーツの最高の瞬間をご覧いただけます。」

「今後、世界レベルでありながら日本に特化したゴルフネットワークとGOLFTVのコンテンツを有効活用し、同時にジュピターゴルフネットワークの協力を得ることで、あらゆるプラットフォームやコンテンツの効率化、さらに包括的なデジタル展開を行い、日本におけるゴルフの魅力を高めてファンの数をさらに増やしていきたいと考えています。」

ディスカバリー・ジャパンのゼネラルマネージャー David Macdonaldは次のように述べています。

「J:COMは日本ではDiscoveryの長年のパートナーであり、連結子会社であるジュピターゴルフネットワークとのパートナーシップはメディアやマルチプラットフォーム権の活用においては理想的な形となります。PGA TOUR放送権とGOLFTVのサービスが日本のマーケットで展開されることは、Discoveryの日本のビジネスにおける素晴らしい新たな一歩になると確信しています。そしてJ:COMとともに今後さらに発展していけることを嬉しく思います。」

このパートナーシップにより、DiscoveryはPGA TOURの独占有料放送権利と共に、限定期間中同様の放送をデジタルサービスでライブ配信、また、オンデマンド配信する権利をジュピターゴルフネットワークにサブライセンスすることになります。なお、より広範囲に向けた配信を目指し、DiscoveryとPGA TOURは今後地上波を含む更なる放送配信パートナーシップを予定しています。

今後のGOLFTV、プログラム、コンテンツ提供の詳細については後日改めて発表いたします。

(※)米国を除き、GOLFTVは2019年1月よりすべてのインターナショナルマーケット(中国、韓国を除く)にて展開され、幅広くプレミアムなコンテンツを提供します。フルでのライブ放送は地域別の権利が施行される日程に沿って行われます。全てのマーケット(米国以外)は 2024年まで PGA TOURとの戦略的パートナーシップを通じて Discoveryによって運営されます。地域別の権利が施行される日程は次の通りです。

2019年

オーストラリア、ベルギー(フラマン語圏)、カナダ、香港、イスラエル、イタリア、日本、マレーシア、マルタ、オランダ、フィリピン、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、トルコ、ウクライナ、ベトナム

2020年

コロンビア、ハンガリー、アイスランド、インドネシア、ラテンアメリカ、ポーランド、韓国、タイ

2021年

オーストリア、ベルギー(フランス語圏)、バルカン地域、中国、チェコ共和国、ドイツ、スイス、南アフリカ、台湾

2022年

デンマーク、フィンランド、インド、ニュージーランド、ノルウェー、スウェーデン、イギリス、アイルランド

2024年

フランス、中東


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです