メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

英国で道路の側溝に落ちたカエルの救済作戦、20本のはしごを設置

 11月7日、英イングランド中部のウォリックシャーに拠点をおく自然保護団体が、道路の側溝に落ちたカエルを救済するため、ネットで覆ったはしごを設置している(2018年 ロイター/Matthew Stock)

 [ウォリック(英国) 7日 ロイター] - 英イングランド中部のウォリックシャーに拠点をおく自然保護団体が、道路の側溝に落ちたカエルを救済するため、ネットで覆ったはしごを設置している。

     この保護団体「WART」は、両生類の繁殖地付近の側溝にアルミ製のはしご20本を取り付け、減少しつつある個体数の回復を目指している。

     設置担当のティム・ジェンキンスさんは、「呼吸のために水中から出てきた両生類たちは、道路に到達して横断し、縁石に行き当たり、縁石に沿って移動して側溝に落ちてしまう。そして一巻の終わりとなる。はしごを設置すれば、側溝から出て繁殖地に戻ることができる」と語った。

     側溝への落下は、生息地喪失と並んでヨーロッパヒキガエルの減少の原因の一つとされている。2016年に自然保護団体フロッグライフが発表したリポートでは、過去30年間に英国のヨーロッパヒキガエル生息数は68%減少している。

     WARTは、はしごの設置で両生類の側溝転落は減ったが、できることには限界があると指摘。はしごの価格は1本15ポンド(約2200円)で、地域の保護団体にとっては高額としている。

     ただ、WARTの努力が他の英国の保護団体への働きかけになり、両生類の救済につながるよう期待しているという。ジェンキンスさんは、「彼らは見過ごされた種だが、生態系において大事な役割を果たしている」と述べた。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
    2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
    3. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
    4. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
    5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです