メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

スイスの博物館、カエルの剥製で19世紀の人々の日常を再現

 11月7日、スイスにあるカエル博物館では、カエルの剥製を使って19世紀の人々の日常の暮らしが再現されている(2018年 ロイター/Denis Balibouse)

 [エスタバイエルラック(スイス) 7日 ロイター] - スイスにあるカエル博物館では、カエルの剥製を使って19世紀の人々の日常の暮らしが再現されている。

     6匹のカエルがテーブルに座って食事をする様子や、リスの背にまたがり手綱を持つカエルもいる。

     スイス西部の小さな町、エスタバイエ・ルラックにあるこの博物館には、全部で108体のカエルの剥製がさまざまなポーズで展示されている。カエルたちは机で書き物をしたり、カード遊びやビリヤードを楽しんでいる。

     1848─1860年に役人のフランソワ・ペリエ氏が、当時の人々の日常生活を記録しようと製作したものだという。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
    2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
    3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
    4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
    5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです