メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

故ホーキング博士の電動車いす、4400万円で落札

 11月8日、英宇宙物理学者の故スティーブン・ホーキング博士の論文や電動車いすなど遺品22点がオンラインのオークションに掛けられ、車いすは29万6750ポンドポンド(約4410万円)で落札された。事前の予想の1万5000ポンドを大きく上回った。写真は先月30日撮影(2018年 ロイター/Toby Melville)

 [ロンドン 8日 ロイター] - 英宇宙物理学者の故スティーブン・ホーキング博士の論文や電動車いすなど遺品22点がオンラインのオークションに掛けられ、車いすは29万6750ポンドポンド(約4410万円)で落札された。事前の予想の1万5000ポンドを大きく上回った。

     また、1965年の論文「膨張する宇宙の性質」には58万4750ポンドの値が付き、これも予想の15万ポンドを大きく超えた。

     メダルや賞などは29万6750ポンドで落札された。予想は1万5000ポンドだった。

     競売会社クリスティーズは、ホーキング財団や運動ニューロン病協会の募金活動のため、「On the Shoulders of Giants(巨人の肩の上)」と銘打ったオークションを9日間開催した。

     「車いすの天才科学者」として知られ、今年3月に76歳で死去した博士は21歳のときに全身の筋肉が徐々に動かなくなるALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症。人生の大半を車いすで過ごした。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
    2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
    3. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
    4. 東京・新橋で5台絡む事故 子ども乗せた観光バスも
    5. 英・離脱党党首にシェーク 警察販売自粛要請

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです