メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

村上春樹さん

ミャンマーでもハルキ大人気 新作の翻訳、英語版より早く出版 民政移管後、若者が変化

 ミャンマーで世界的な人気作家、村上春樹さんの作品が多くのファンを獲得している。長期にわたった軍事政権から2011年に民政移管し、対外開放で海外の文化に触れる機会が増え、若者が新しい文学や世界のトレンドに目を向け始めたことも背景にある。

 「お客さんから、村上さんの本はあるかとよく聞かれます」。最大都市ヤンゴンの書店で、女性店員が日本で17年に出版された長編小説「騎士団長殺し」のビルマ語版を書棚から取り出した。ほかにも小説「羊をめぐる冒険」など数冊が置かれていた。

 別の書店を経営する女性によると、数年前から村上作品の人気が高まり、特に20~30代の間で読まれてい…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文695文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  2. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  3. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」
  4. 加藤浩次さん「気持ちは決まっている」「まだごまかそうと」吉本社長会見を批判
  5. 岡本社長、ギャラ配分「5対5から6対4」発言に芸人「ウソだろ…」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです