メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不登校

17年度、県内最多 学校以外の「居場所」もっと いじめ被害でも登校強要→うつ病→フリースクールへ /群馬

 県内の公立校で2017年度に「不登校」だった児童・生徒の割合は、小学校、中学校、高校のいずれも、記録の残る01年度以降で過去最多だったことが県教委の調査で分かった。県内全体では2961人(前年同期比200人増)に上り、「居場所」の確保が課題になっている。【鈴木敦子】

 前橋市の女性(48)は娘(14)が小学2年生の時、学校でいじめに遭い、毎朝、学校に行くのを嫌がるようになった。担任教師に相談したが状況は変わらなかった。それでも当初は「行かせなきゃ」という気持ちが強く、「学校に行かなくてどうするの」と無理やり通わせた。その結果、娘はうつ病を発症。小6から完全に不登校になり、娘に付き添うため仕事を辞めて母子で家にこもった。

 「この先どうなるんだろう」。孤独や不安が募り、各地のフリースクールを見て回った。娘が選んだのが、N…

この記事は有料記事です。

残り1983文字(全文2346文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです