メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ながらスマホ

危険性VRで 県警など企画、現実同様の体験可能 /富山

VRでながらスマホの危険性を体験する中学生ら=富山県高岡市で、森野俊撮影

 スマートフォン(スマホ)を操作しながら自転車を運転する危険性を知ってもらおうと、県警はVR(仮想現実)機器で体験してもらう交通安全教室を始めた。県警交通企画課は「実際にながらスマホを体験するとけがの恐れがあるが、VRなら仮想空間で現実と同様の危険性を学ぶことができる」と意義を説明している。【森野俊】

 自動車や自転車の運転中に「ながらスマホ」をする人が、若者を中心に後を絶たないことから、県警と大手通…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立命館大元准教授、イラクで拘束か テロ容疑で手配中
  2. 滋賀県が個人住所特定できる資料誤公表、ヤフコメで発覚
  3. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係
  4. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  5. 長谷川博己さん、明智光秀の菩提寺訪問 来年の大河ドラマ「麒麟がくる」主役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです