メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

協定

女性の新しい働き方推進 名張市の協議会、IT企業と セミナー企画、雇用契約も /三重

連携協定を結んだ三重県名張市の亀井利克市長(左)とマミーゴ-の荻野久美子社長=同市役所で、広瀬晃子撮影

 名張市産業チャレンジ支援協議会(会長・亀井利克市長)とITベンチャー企業「マミーゴー」(東京都港区)は9日、在宅ワークなどを活用した女性の新しい働き方を推進する協定を結んだ。協議会は同社の協力でセミナーを企画し、企業と雇用契約を結ぶなどして女性の多様な働き方の実現を目指す。協議会が企業と協定を結ぶのは初めて。【広瀬晃子】

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです