社会人野球

日本選手権 日本新薬、粘りに拍手 2年連続4強ならず /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
スタンドから声援を送る観客ら=京セラドーム大阪で、李英浩撮影
スタンドから声援を送る観客ら=京セラドーム大阪で、李英浩撮影

 大阪市西区の京セラドーム大阪で開催されている社会人野球日本選手権第9日の9日、日本新薬(近畿・京都)は準々決勝で新日鉄住金鹿島(関東・茨城)と対戦。1-2で敗れ2年連続のベスト4進出はならなかった。それでも三塁側スタンドに詰めかけた約2000人の応援団は、夜遅くまで声援を送り続け、「よくやった」「来年こそ全国大会で優勝を」と全力で戦った選手たちをねぎらい、大きな拍手を送った。【矢倉健次】

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1042文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい