メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦前の自主映画

2作品、龍野に里帰り あす上映 /兵庫

 昭和初期の龍野で自主映画に取り組んでいた男性製作の作品2本が11日、たつの市で上映される。無声映画の弁士、片岡一郎さん(東京都)が昨年秋にインターネットのオークションで発見したもので、当日は片岡さんが弁士を務める。撮影場所などは不明。「地元で上映することでロケ地の手がかりが得られればうれしい」と期待している。

 フィルムの箱の記載によると、2本は1937(昭和12)年の「錦旗(にしき)の下(もと)へ」と「秋は…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文465文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  3. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです