メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トイレ

誰もが使いやすい 県内2000カ所調査 HPで情報発信 諫早市の社会福祉士・豊福和範さん /長崎

 誰もが使いやすいトイレを目指して、約10年間で県内の公衆トイレ約2000カ所を訪ね歩いた人がいる。諫早市高来町の社会福祉士、豊福和範さん(45)。手すりの形状など調べた情報をホームページ(HP)「長崎・トイレ案内板」で発信し、使う人の目線での整備を訴えている。【足立旬子】

 10月下旬、平戸市津吉町の公衆トイレ。「トイレ探索士」の名札を下げた豊福さんが、チェックシートとカメラ、巻き尺を持ち、多目的トイレを調べた。中央に洋式便器、その左右両側に手すりが付く。「便器が中央にあるので、車椅子の人が左右どちらからでも近づけられ、体を便座に移動させやすい」

 これまでに調べた約2000カ所のうち、多目的トイレがあったのは約900カ所。ほとんどが洋式便器が片…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文856文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  5. ネット得票最多が“落選” 自民道連「組織票」 参院選候補選び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです