メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「氷も冷たからず、炭(火)も熱からず」…

[PR]

 「氷も冷たからず、炭(火)も熱からず」。古代中国の公孫(こうそん)竜(りゅう)という人の言葉だそうで、冷たい、熱いは人間の側の話ということらしい。諸子(しょし)百(ひゃっ)家(か)の中の「名家」といわれる人々は、この手の理屈をこねた▲最も有名なのは、同じく公孫竜が言った「白馬は馬にあらず」である。白は色、馬は形のことで、色と形の複合概念の白馬は形だけをいう馬とは違うというのである。後世、詭弁(きべん)の代表のように扱われたのも仕方のないところだろう▲「外国人労働者受け入れは移民政策にあらず」とは安倍晋三(あべ・しんぞう)首相がくり返し説くところだ。新たな在留資格を設ける入管法改正案が来週衆院で審議入りする。受け入れるのはあくまで人手不足対策の労働力で移民ではないというのだ▲ちなみに国際機関では理由や法的地位がどうあれ定住国が変われば移民とされ、1年以上なら長期的または恒久的移住と呼ばれる。就労目的の移住は移民にあらずという理屈は国際的には「白馬は馬にあらず」と同じことでないのか▲もはや外国人労働者なしに成長はおろかシステムの維持もできない日本の経済である。だが一方で外国人の流入への備えも覚悟もないまま不安や拒否反応のつのる社会の現実がある。その板挟みから生まれた首相の白馬論法であろう▲労働力受け入れといっても、やってくるのは手足だけではない生身の人である。舌先三寸の詭弁はジレンマの一層の深刻化を招く問題先送りにすぎまい。この国の文明の未来を真っ正面から論議すべき今である。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです