メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パーキンソン病

iPS、脳に移植 京大、世界初

iPS細胞を使ったパーキンソン病治療

 京都大は9日、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った細胞を、神経難病のパーキンソン病を患う50代の男性患者の脳に世界で初めて移植したと発表した。医師主導の臨床試験(治験)として8月から準備を進め、手術は10月に実施した。治験で有効性や安全性を確認し、早期の保険適用を目指す。

 京大病院によると、患者の頭の左前部分に直径1・2センチの穴を開け、左脳のあらかじめ決められた場所に注射器で移植した。移植細胞は、京大が作製・備蓄している他人由来のiPS細胞から作った約240万個の神経前駆細胞。手術は約3時間で終わり、これまで脳出血などの合併症はなく、「術前と変わらず良好な状況」(研究チーム)という。

 移植した細胞が神経細胞となってドーパミンを出し、パーキンソン病の症状を和らげるかを、PET(陽電子…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです