メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

82歳国王、求心力回復の旅 異例の視察、皇太子も兵を慰労

 【カイロ篠田航一】サウジアラビア人記者、ジャマル・カショギ氏の殺害事件を受け、国際社会の批判を浴びるサウジ王室が国内の「求心力」向上に躍起となっている。高齢のサルマン国王(82)は2015年の即位後初となる地方行脚を開始。事件への関与が疑われるムハンマド皇太子(33)も国民を慰労する姿などが連日報じられている。

 国営サウジ通信などによると、国王は6日から約1週間の日程で大規模な国内視察を始めた。最初の視察先の…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  4. 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種
  5. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです