RCEP

関税撤廃率、なお隔たり 12日から閣僚会合

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉参加国
東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉参加国

 東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉に参加する日本、中国、インドや東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国は、12日からシンガポールで閣僚会合と首脳会議を開く。ほぼアジア全域をカバーする巨大経済圏構想は交渉開始から5年半が経過。年内の実質妥結に向けて最大の山場を迎える。

 16カ国は年末までに交渉の「成果パッケージ」をまとめ、実質妥結を目指す方向性では一致している。保護主義政策を強めるトランプ米政権への危機感が各国の歩み寄りを後押しするが、経済圏実現の根幹ともいえる輸入関税の撤廃率などを巡り、参加国間でなお隔たりが大きい。

 12日に始まる閣僚会合には日本から世耕弘成経済産業相が出席。関係国との2国間会談も行い、14日に予定される首脳会議に向け最終調整を進める。世耕氏は9日の記者会見で「(これまでの交渉で)論点が絞り込まれ、隔たりの度合いもだいぶ詰まってきた。残るのは政治的判断を要する重要な論点だ」と述べ、実質妥結に向けて意欲を示した。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文828文字)

あわせて読みたい

ニュース特集