メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
RCEP

関税撤廃率、なお隔たり 12日から閣僚会合

東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉参加国

 東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉に参加する日本、中国、インドや東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国は、12日からシンガポールで閣僚会合と首脳会議を開く。ほぼアジア全域をカバーする巨大経済圏構想は交渉開始から5年半が経過。年内の実質妥結に向けて最大の山場を迎える。

 16カ国は年末までに交渉の「成果パッケージ」をまとめ、実質妥結を目指す方向性では一致している。保護主義政策を強めるトランプ米政権への危機感が各国の歩み寄りを後押しするが、経済圏実現の根幹ともいえる輸入関税の撤廃率などを巡り、参加国間でなお隔たりが大きい。

 12日に始まる閣僚会合には日本から世耕弘成経済産業相が出席。関係国との2国間会談も行い、14日に予…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文828文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです