メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

全世代型社会保障とは何か=中央大教授・宮本太郎

 10月の内閣改造にあたって安倍晋三首相は、改めて全世代型社会保障の推進を打ち出した。全世代型社会保障は、福田(康夫)内閣、麻生内閣の時から、2度の政権交代を越えて継承されてきた考え方で、その実現は重要だ。

 ただし、医療、年金など高齢世代向けの社会保障に大きな財源が必要なのは当然で、そこを削って相対的に小さな財源ですむ子育て支援に付け替えるだけでは困る。しばしば誤解されていることだが、それは社会保障の抑制であっても全世代型社会保障ではない。

 では全世代型社会保障とは何か。第一に、世代間の再分配から、世代を問わず負担能力に応じた再分配への転換だ。121兆円に及ぶ日本の社会保障給付は、8割以上が年金、医療、介護など社会保険給付として支出されている。つまり税支出のかなりの部分が社会保険財源に投入されている。だがそれだけでは保険料を払えている世帯への支援にとどまってしまい、低所得世帯やその子どもたちに支援が届きにくい。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです