自賠責

「親なき後」の受け皿を 交通事故患者団体が要望

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 交通事故の被害者救済事業の財源として国の特別会計に計上されていた自動車損害賠償責任(自賠責)保険の運用益約6100億円が一般会計に繰り入れられたままになっている問題で、重い後遺症を負った患者や家族でつくる7団体が9日、今年度予算で15年ぶりに再開された特別会計への返還を来年度以降も継続するよう財務…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

あわせて読みたい

ニュース特集