メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 阿久津主税八段-深浦康市九段 第20局の1

全敗対決

 全勝が豊島将之王位一人に絞り込まれたA級リーグの4回戦。羽生善治竜王、広瀬章人八段、三浦弘行九段が1敗で後を追う展開になった。

 今夏、豊島は大ブレークした。棋聖と王位のタイトルを連続奪取。昭和末期以来の群雄割拠といわれる乱世にあって、ただ一人の2冠王として新時代を見据える。

 一方、長らく絶対王者として数々の金字塔を打ち立ててきた羽生も当年とって48歳。「羽生マジック」と恐れられた神通力にも陰りが見られる。昨年末の竜王復位によって「永世7冠」の偉業を達成したが、今年に入って名人、棋聖のタイトルマッチに連続敗退。タイトル100期の大記録を目前にして足踏み状態にある。羽生が衰えたというよりも、次世代を担う若手のレベルが…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文788文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです