メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災者生活支援

半壊世帯、常設22道府県 被災3県、大都市は消極的 全国アンケ

 地震や豪雨などで被災した住宅の再建について、22道府県が独自に半壊世帯の支援制度を常設していることが、毎日新聞が47都道府県に実施したアンケートで分かった。うち14府県は床上浸水や一部損壊の世帯も対象にしている。一方、東日本大震災の被災3県や東京都、大阪府などの大都市部は常設していない。自治体で格差が生じかねず、全国知事会(会長・上田清司埼玉県知事)は9日、被災者生活再建支援法の対象を半壊に広げるよう国に要請することを決めた。知事会としての要請は初めて。【井上元宏】

 1998年成立の同法の支援対象は全壊と大規模半壊のみ。20年が経過し、災害に遭った自治体が独自の制…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文791文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです