メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災者生活支援

半壊世帯、常設22道府県 被災3県、大都市は消極的 全国アンケ

 地震や豪雨などで被災した住宅の再建について、22道府県が独自に半壊世帯の支援制度を常設していることが、毎日新聞が47都道府県に実施したアンケートで分かった。うち14府県は床上浸水や一部損壊の世帯も対象にしている。一方、東日本大震災の被災3県や東京都、大阪府などの大都市部は常設していない。自治体で格差が生じかねず、全国知事会(会長・上田清司埼玉県知事)は9日、被災者生活再建支援法の対象を半壊に広げるよう国に要請することを決めた。知事会としての要請は初めて。【井上元宏】

 1998年成立の同法の支援対象は全壊と大規模半壊のみ。20年が経過し、災害に遭った自治体が独自の制…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  4. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  5. 長崎新聞社長がセクハラ発言か 女性社員に「愛人やろうもん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです