メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マニフェスト大賞

愛知・犬山市議会に贈呈

グランプリを受賞し、笑顔で記者の質問に答えるビアンキ・犬山市議会議長=東京都港区の六本木アカデミーヒルズで2018年11月9日、山下浩一撮影

 日本最大規模の政策コンテスト「第13回マニフェスト大賞」(実行委主催、早稲田大学マニフェスト研究所・毎日新聞社共催、株式会社共同通信社後援)の授賞式が9日、東京都港区の六本木アカデミーヒルズで開かれ、グランプリの大賞には最優秀成果賞を受けた愛知県犬山市議会が選ばれた。

 同市議会は、定例会中に議場で住民が議員に自由に発言できる「市民フリースピーチ」を導入、そこで出た意見を議員間討議を経て、行政に提言するシステムを確立した。市民参加と議会機能の強化を結びつけた画期性が、高く評価さ…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです