メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/99 第二話 姑の墓=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

 変わり百物語で評判の三島屋が嫁を迎え、おかみが姑になる。ちょうど自分が悩み恐れている今このときに、そんな話が耳に飛び込んできたのは意味のないことではない、と。

「三島屋さんで語って聞いてもらおうと、わたしも決心がついたのでございます」

 お花に向かって、富次郎は強くうなずいた。

「なるほど、そういう次第でしたなら、確かに縁の導きでしょう」

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文856文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 「新しい県政を、の思いにしっかりと応える」 三反園氏破り鹿児島知事選に当選の塩田氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです