メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

描かれた鉄路

今回の作品 「シャーロック・ホームズ」シリーズ ロンドン地下鉄(英国)

ベーカールー線のベーカーストリート駅のプラットホーム。壁にホームズの影絵が描かれている=ロンドンで8月

作品の味わい深くする

 コナン・ドイルが生んだ“世界で最も有名な探偵”シャーロック・ホームズ。彼は相棒のジョン・ワトソンと共に、ロンドンのベーカー街に下宿していたとされる。ロンドン地下鉄のベーカールー線、ベーカーストリート駅で降りると、壁に描かれた巨大な「彼」の影絵が乗客を出迎える。最初の作品「緋色(ひいろ)の研究」が発表された1887年、英国では地上列車はもちろん、ロンドン地下鉄も既に開業。ホームズは「霧の都」を、鉄道も駆使して捜査にあたっていた。

 「ホームズ作品には、ミステリーの面白さだけでなく『舞台』の面白さ、当時の英国を巡る描写を楽しむ魅力…

この記事は有料記事です。

残り1503文字(全文1779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです