メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

誰もやらない笑い追究 落語家・笑福亭たま(43)

独演会で普通なら1席ずつが目玉になる大ネタ3席を一挙に演じた笑福亭たま=大阪市北区の天満天神繁昌亭で

 古典と新作の垣根なく斬新な演出を施し、考え抜かれた「バカバカしさ」で爆笑を呼ぶ。「上方落語界の革命児」と早くから注目を集め、今年は国立演芸場が選ぶ花形演芸大賞に輝いた。工夫を凝らすのは噺(はなし)の中身にとどまらず、ホールや寄席での定期公演以外に「落語初心者お断り」の会を開いたり、入場料1万円の落語会を開催したり。芸歴20年、古典芸能の世界にあって「誰もやっていない笑い」を追究し続けている。

 先月17日夜、上方落語の定席・天満天神繁昌亭(大阪市北区)。立ち見席までいっぱいの客席には、「笑福…

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1066文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです