メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

誰もやらない笑い追究 落語家・笑福亭たま(43)

独演会で普通なら1席ずつが目玉になる大ネタ3席を一挙に演じた笑福亭たま=大阪市北区の天満天神繁昌亭で

 古典と新作の垣根なく斬新な演出を施し、考え抜かれた「バカバカしさ」で爆笑を呼ぶ。「上方落語界の革命児」と早くから注目を集め、今年は国立演芸場が選ぶ花形演芸大賞に輝いた。工夫を凝らすのは噺(はなし)の中身にとどまらず、ホールや寄席での定期公演以外に「落語初心者お断り」の会を開いたり、入場料1万円の落語会を開催したり。芸歴20年、古典芸能の世界にあって「誰もやっていない笑い」を追究し続けている。

 先月17日夜、上方落語の定席・天満天神繁昌亭(大阪市北区)。立ち見席までいっぱいの客席には、「笑福…

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1066文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです