メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
工芸の地平から

宴の所作まで導く手腕=外舘和子

大⻆宏一《赤の引力》=伊丹市立工芸センター提供

 この8月に審査員を務めた「2018伊丹国際クラフト展酒器・酒盃台(しゅはいだい)」が兵庫県の伊丹市立工芸センターで今月17日から開催される(12月24日まで)。清酒発祥の地といわれる伊丹の歴史を背景に創設されたこの国際公募展には、日本酒の文化を持たない海外からの出品も多く、毎回新鮮な発見がある。

 特に注目すべきは、酒器というテーマが、作り手にとって縛りや制約になるのではなく、むしろ用途が想像力を刺激し、創造を促す原動力になっているということである。そして創造は酒器の色や形だけでなく、酒器を手にする人々の所作の範疇(はんちゅう)にまで及ぶ。

 例えば大賞受賞作、大角宏一の《赤の引力》は、華やかな色彩とやきもののクラシカルな質感を巧みに融合さ…

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文1039文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです