メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

非営利法人「善意」の陰で

休眠NPOに1000万円 不記載「実態は生活費」

休眠状態を示すNPO法人の活動計算書。2013年度分(手前)は「○○年度」と記され金額欄には「×」が並び、石川県が作成した見本(様式例)をそのまま提出したとみられる

 休眠状態の特定非営利活動法人(NPO法人)が放置されている問題で、「収支ゼロ」とする書類を県庁に提出している石川県のNPO法人が、法人名義の口座で約1000万円を受領していたことが判明した。毎日新聞の取材に、この口座に送金したメンバーが証言した。他界した人物をメンバーとして届け出たり、インターネット上で法人を販売しようとしたりしていたこともあり、県は理事長から説明を求めるなど調査を始めた。【向畑泰司、田中龍士】

 NPO法は、活動内容を記した「事業報告書」▽会費や寄付金などの収入や支出を明らかにする「活動計算書…

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1227文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです