メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふるさと納税

鳥羽、志摩で激減 「真珠」返礼品中止で

鳥羽市の真珠製品が掲載されていた昨年度の返礼品カタログ(右)と、除外された今年度のカタログ(左)=林一茂撮影

 ふるさと納税の寄付額が2017年度、三重県内で1、2位だった鳥羽、志摩両市の18年4~10月分が、前年同期に比べそれぞれ24%と12%に激減したことが9日、分かった。「伊勢志摩を代表する特産品の真珠製品の返礼品取り扱い中止が打撃となった」と両市。貴重な自主財源として注目されるふるさと納税の寄付額回復に向け、転機を迎えている。【林一茂】

 総務省は17年4月、返礼品の過当競争を受け「資産性の高い装飾品」として、真珠製品の取り扱い中止と、…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文681文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです