メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家族留学

家庭と仕事の両立を模索する「Z世代」男子

仕事観、家族観から恋愛観まで、菅原さん一家(右手前から悠さん、駈ちゃん、あゆみさん)からさまざまな話を聞く間宮さん=東京都立川市で、中村かさね撮影

 「育児と仕事を両立できるか悩んでいる」と聞いて、どんな人を思い浮かべるだろうか。働く女性? 社会に出る前の女子学生? だが、1995年以降に生まれた「Z世代」と呼ばれる若者たちは少し事情が異なるようだ。子育て家庭に滞在する「家族留学」を通じて将来の働き方や父親像を模索する男子たちを追った。【中村かさね/統合デジタル取材センター】

 「子供は好きなので、子育てにはしっかり関わりたい。ただ、僕がお金を稼いで子供にいい教育を受けさせるので、家事はできれば妻にやってほしいと思っていた」--。早稲田大2年の間宮秀人さん(20)の言葉に、夫婦が小さく笑った。

 9月2日、東京都立川市の戸建てに住む団体職員の菅原悠さん(34)と大学職員の妻あゆみさん(39)宅に、間宮さんは「家族留学」に来ていた。1日だけ子育て家庭に滞在し、家庭生活のリアルを体験するプログラムだ。教育学を学ぶ間宮さんは「家庭教育について知りたい」と参加したのだった。

この記事は有料記事です。

残り3741文字(全文4155文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです