メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪担当相

桜田氏、言い間違い連発 与党幹部からも苦言

閣議後の記者会見で、先日の参院予算委員会での立憲民主党の蓮舫参院幹事長から受けた質問に関する自身の発言について撤回する桜田義孝五輪担当相=首相官邸で2018年11月9日午前8時45分、川田雅浩撮影

 桜田義孝五輪担当相が、9日の衆院文部科学委員会でも言い間違いを連発した。所信聴取で、10月に開かれたばかりのジャカルタ・アジアパラ大会の開催年を「2028年」と発言。20年東京五輪・パラリンピック期間中の警備に関する「セキュリティ基本戦略」も「セキュリティ基本法」と述べ、野党議員から間違いを指摘する声が飛んだ。

 桜田氏は、これに先立つ閣議後の記者会見で、5日の参院予算委でちぐはぐな答弁をしたのは立憲民主党の蓮…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  4. 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種
  5. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです