メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古移設

政府と沖縄県が初協議

 杉田和博官房副長官と沖縄県の謝花(じゃはな)喜一郎副知事が9日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、東京都内で約1時間協議した。政府と県による協議の1回目で、過去の経緯を含め、基地負担の軽減や沖縄振興策などについて意見を交わした。

     菅義偉官房長官と沖縄県の玉城デニー知事が6日の会談で、政府と県で約1カ月かけて協議することで合意していた。菅氏は9日の記者会見で「改めて双方の考え方を説明し、月末に向けて、できる限り話し合いの機会を設けることで合意した」と説明。11月末にかけて、複数回協議を重ねる。

     一方、玉城氏は9日に首相官邸で開かれた全国都道府県知事会議に出席。会議後には、安倍晋三首相と握手を交わし、首相が「いろいろ話をしていきましょう」と述べると、玉城氏は「ありがとうございます」と笑顔で応じた。

     玉城氏は、杉田氏と謝花氏の協議について「(歩み寄りの)糸口が見つかるかどうか未知数で、胸襟を開いて2人に話してもらう」と記者団に述べた。また、必要があれば菅氏と再会談したいとの意向を示した。【野間口陽、立野将弘】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
    2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
    3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
    4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
    5. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです