元徴用工訴訟

河野外相「原告は徴用された方ではない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 河野太郎外相は9日の記者会見で、韓国最高裁が確定判決で新日鉄住金に賠償を命じた元徴用工訴訟の原告について、「募集に応じた方で、徴用された方ではない」と述べた。政府は判決後、原告らを「旧朝鮮半島出身労働者」と表現しており、その理由を説明した形だ。

 政府は、戦時中の朝鮮半島での動員には、募集▽官によるあっせん▽徴用--の3段階があったと…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

あわせて読みたい

注目の特集