メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャラバン

目指すは「ティフアナ」 米国へのルート決定

スタジアムのテントでくつろぐウレアさん(左)と妻シンディさん、長男ホルヘちゃん一家=メキシコ市で11月6日、山本太一撮影

8日・メキシコ市

 治安悪化や貧困から逃れようと米国を目指す中米からの移民集団「キャラバン」。メキシコ市内のスタジアムで約6000人が休息を取っていた。当局側が場所を用意した。8日夜、参加者で日程を決める公開の会合があり、1000人以上が集まった。その中に、ホンジュラスから一家3人で旅を続ける、ホルヘ・ウレアさんの姿もあった。

 スタジアム中央の広場に演壇が設けられ、参加者が取り囲む。支援団体の代表とみられる男性が、メキシコ政府や国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に求めた輸送バスの見通しが立たないことを説明すると、不満のブーイングが上がった。男性は「これ以上待っていられない。明日、前進しよう。ティフアナに行きたい人は誰だ?」と叫び、人々は歓声とともに手を挙げた。米国までのルートが決まった瞬間だ。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文985文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  5. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです