メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筑豊電鉄

「撮り鉄」泣かせ 二つの顔持つ電車が運行に

【左】黄電【右】西鉄マルーン&ベージュ=筑豊電気鉄道提供

 筑豊電気鉄道(福岡県中間市)は12日、1956年の開業当時の塗装と、77年に導入した塗装の両方を1編成に施し、二つの顔を持つ全国でも珍しい電車の運行を始める。

     上り(楠橋発黒崎駅前)は先頭と左側面が77年から2009年に活躍した通称「黄電(きなでん)」、後ろと右側面が開業当初の「西鉄マルーン&ベージュ」となる。

     一度で2倍楽しめ話題を呼びそうだが、写真撮影する方向によっては、一つの顔しか見せない「撮り鉄」泣かせの電車。同社は「ご不便をお掛けしますが、ご理解を」。【杣谷健太】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
    2. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
    3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
    4. 安田純平さん シリア拘束時 浮かんでは消えた「やりきれなかった仕事」
    5. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです