メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森

差別的ツイート当選市議、共産が辞職勧告案提出へ

ツイッターへの投稿について会見で謝罪する山崎翔一氏=青森市内で

「差別的、侮蔑的な発言は、市議の適格性欠いている」

 10月に行われた青森市議選で初当選した無所属新人の山崎翔一氏(28)が、ツイッターの匿名アカウントで差別的な表現を含む投稿をしていた問題で、市議会の共産党会派が9日、各派の代表者会議で、山崎氏への辞職勧告決議案を26日からの臨時会に共同提出したいとの考えを表明した。

 会議後取材に応じた共産党の藤原浩平議員は「(山崎氏の)障害者や高齢者などへの差別的、侮蔑的な発言は、市議としての適格性を欠いている」と述べた。決議に法的拘束力はないが、藤原氏は「市議会としての意思表示をしっかりとすべき。全会一致で可決できれば」と語った。

 最大会派「自民清風会」の渋谷勲会長は「持ち帰って会派としての対応を決めたい。今日の(会議の)雰囲気では、最終的には一致した形で出したいという思いをそれぞれ持ったのではないか」と話した。

 臨時会は11月26日から3日間の予定。山崎氏の任期は26日から。【一宮俊介】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです