メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミス・インターナショナル

20歳のベネズエラ代表に栄冠

2018年のミス・インターナショナル世界大会で優勝したベネズエラ代表のマリエム・クラレット・ベラスコ・ガルシアさん=東京都内で9日午後、共同
2018年のミス・インターナショナル世界大会でファイナリスト8人に残った杉本雛乃さん=東京都内で9日午後、共同

 2018年のミス・インターナショナル世界大会が9日、東京都内で開かれ、ベネズエラ代表の学生、マリエム・クラレット・ベラスコ・ガルシアさん(20)が優勝した。

 ガルシアさんは「これ以上の幸せはありません。この勝利をベネズエラの皆さんにささげます」と喜びを語った。

 日本代表で神戸市出身の大学生、杉本雛乃さん(21)はファイナリスト8人に残ったが、受賞を逃した。

 ミス・インターナショナルは世界の三大ミスコンの一つとされ、58回目の今大会には、77の国と地域の代表が出場した。(共同)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです