看護師連れ去り

「人をさらう仕事と頼まれ運転手役に」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

営利目的略取などの28歳無職男、地裁浜松支部で初公判

 静岡県藤枝市の山中で浜松市の女性看護師(当時29歳)の遺体が見つかった事件で、女性への営利目的略取や逮捕監禁の罪に問われた住所不定、無職、伊藤基樹被告(28)の初公判が9日、静岡地裁浜松支部(山田直之裁判長)であった。伊藤被告は起訴内容を認め、被告人質問で「『人をさらう仕事だ』と頼まれ、運転手役を引き受けた」と述べた。

 起訴状によると、伊藤被告は5月26日午後6時20分ごろ、名古屋市天白区原1、無職、鈴木充被告(43)=死体遺棄罪などで起訴=ら男2人と共謀し、浜松市内の駐車場で女性を乗用車ごと連れ去り、翌27日午前4時20分ごろまで静岡市などを経由し浜松市内まで走行させたとしている。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文715文字)

あわせて読みたい

注目の特集