メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

看護師連れ去り

「人をさらう仕事と頼まれ運転手役に」

営利目的略取などの28歳無職男、地裁浜松支部で初公判

 静岡県藤枝市の山中で浜松市の女性看護師(当時29歳)の遺体が見つかった事件で、女性への営利目的略取や逮捕監禁の罪に問われた住所不定、無職、伊藤基樹被告(28)の初公判が9日、静岡地裁浜松支部(山田直之裁判長)であった。伊藤被告は起訴内容を認め、被告人質問で「『人をさらう仕事だ』と頼まれ、運転手役を引き受けた」と述べた。

     起訴状によると、伊藤被告は5月26日午後6時20分ごろ、名古屋市天白区原1、無職、鈴木充被告(43)=死体遺棄罪などで起訴=ら男2人と共謀し、浜松市内の駐車場で女性を乗用車ごと連れ去り、翌27日午前4時20分ごろまで静岡市などを経由し浜松市内まで走行させたとしている。

     検察側は冒頭陳述で、伊藤被告はインターネット掲示板の「サクッと稼ぎましょう!」との書き込みを見て、連れ去りを主導したとみられる男(当時39歳、事件後に自殺)に連絡したと指摘。「人さらいの仕事」で報酬を得る目的で、連れ去りに加わったとした。

     伊藤被告は被告人質問で、連れ去る相手は事前に教えられなかったとし、連れ去る理由は「風俗関係で働かせると思った」と述べた。伊藤被告は27日朝に車を降り、同日夕に再び男らと合流。その際、女性の姿はなく「解放されたと思った」と説明した。また、男が何度も車を降りて電話をしていたことや「依頼主」という言葉を使っていたことも話し、他に関与した人物がいた可能性を示唆した。

     女性は6月9日に遺体で見つかり、両被告は殺人容疑でも再逮捕されたが、不起訴処分となった。男の自殺で全容解明が困難になったこともあり、捜査は事実上終結している。【古川幸奈、高場悠】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
    2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
    3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
    4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
    5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです