メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪

「千鳥屋」訴訟 2審も販売差し止め認めず

 菓子「チロリアン」の販売を巡り、競業を避けるため兄弟同士の会社が同じ地域で「千鳥屋」の屋号で売らないと定めた合意を破ったとして、菓子製造販売「千鳥屋宗家」(兵庫県尼崎市)が同「千鳥饅頭総本舗」(福岡市)に関西地方での菓子類の販売差し止めなどを求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁(山田陽三裁判長)は9日、1審大阪地裁に続き請求を退けた。

     判決によると、福岡県で「千鳥屋」の屋号で菓子製造販売業を営んでいた女性が事業を拡大した後、息子4人が継承。三男が関西で「宗家」、次男が九州で「総本舗」を設立した。その後総本舗側が商品を安価に販売し、宗家側が訴訟に発展した。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める
    4. ゴーン会長逮捕 日産と司法取引 東京地検特捜部が適用
    5. ゴーン会長逮捕 閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです