メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府

扶養配偶者の年金も「日本国内の居住」条件に

 政府は9日、来年4月から外国人労働者の受け入れを拡大するのに伴い、厚生年金に加入する人が扶養する配偶者について、保険料負担なしで年金を受け取れる「第3号被保険者」となるには日本国内の居住を要件とする検討に入った。早ければ2019年度中にも国民年金法を改正したい考え。

 外国人労働者と社会保障制度を巡っては医療の面でも、健康保険を使える扶養家族を国内居住者に限るよう政府が検討している。会社員として働く場合、同時に健康保険と厚生年金に加入する仕組みのため、政府は…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです