メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

NHK杯開幕 宮原は2位 女子SP

【フィギュアスケートNHK杯】女子SPで演技を披露する宮原知子=広島市中区の広島県立総合体育館で2018年11月9日、猪飼健史撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯は9日、広島県立総合体育館で開幕した。女子のショートプログラム(SP)は、第1戦のスケートアメリカに続く優勝を狙う宮原知子(関大)が76.08点で2位につけた。三原舞依(シスメックス)は70.38点で3位、GPシリーズデビュー戦の16歳、紀平梨花(関大KFSC)は69.59点で5位だった。エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が76.17点で首位に立った。

「満足できない」GP初戦の紀平

 GPシリーズデビュー戦となった紀平は70点に迫ったものの5位でのスタートに「満足できない」と悔しさを浮かべた。好調を維持してきたが、朝の公式練習から軸がゆがむのが気になっていたという。不安は的中し、トリプルアクセル(3回転半)で踏み切りのタイミングが合わずに転倒した。「1戦目でこけてしまった。フリーではイメージを正確にしようと思う」と巻き返しを誓った。

巻き返し誓う 須崎、木原ペア

 ペアの須崎、木原組は点数が伸びずに最下位スタートとなった。フラメンコ調の曲に乗って最初の3回転トーループを決めたが、スピンで2人の動きがずれた。須崎は「点数を取れるはずのところで、取りこぼしがあった」と残念がった。先週のフィンランド大会は最下位に終わっており、木原は「失うものはないので、できることを最大限にやっていきたい」とフリーでの巻き返しを誓った。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 黒部ダムカレー 愛され10年 年間5.7万食売り上げ
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  4. クックパッドニュース [作ってみた]話題の「ダムカレー」は〇〇を使えば簡単にできた!!
  5. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです