メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

宇野昌磨は首位 NHK杯 男子SP

男子SPで演技を披露する宇野昌磨=広島市中区の広島県立総合体育館で2018年11月9日、猪飼健史撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯は9日、広島県立総合体育館で開幕し、男女とペアのショートプログラム(SP)が行われた。男子は平昌五輪銀メダリストで今季スケートカナダを制した宇野昌磨(トヨタ自動車)が92.49点で首位に立った。山本草太(中京大)は74.98点で6位、佐藤洸彬(南部美人)は67.38点で10位だった。

 女子は、第1戦のスケートアメリカに続く優勝を狙う宮原知子(関大)が76.08点で2位につけた。三原舞依(シスメックス)は70.38点で3位、GPシリーズデビュー戦の16歳、紀平梨花(関大KFSC)は69.59点で5位だった。エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が76.17点で首位に立った。

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです