メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

来夏参院選

自民候補者選び本格化 伊達忠一議長引退で /北海道

 来夏の参院選道選挙区(改選数3)を巡り、伊達忠一参院議長(79)が政界引退の意向を固めたことを受け、自民党道連の候補者選考が本格化しそうだ。道連は公募手続きを進め、12月をめどに候補者擁立を目指す考え。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国会前に「石炭だめ」など100足ズラリ 「シューズアクション」 若者が温暖化対策訴え

  2. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  3. かわいさにメロメロ スナネコの赤ちゃん公開 神戸どうぶつ王国

  4. 日本音コン 声楽第2予選 6人が本選進出

  5. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです