メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォトスクランブル

「おもちゃドクター」は高校生 滝川工高が「病院」各地から治療に /北海道

おもちゃ病院で修理依頼を受けたおもちゃを“治療”する生徒たちの手=北海道滝川市の滝川工業高で、貝塚太一撮影

 滝川市の滝川工業高校(斉藤穣校長、172人)で今年4月、電子機械科3年生6人が「おもちゃ病院」を開院した。地元だけでなく道内各地から多くのおもちゃが集まり、“治療”待ちの人気となっている。

 受け付けると「診断書」を作成し、壊れた原因の特定から始める。おもちゃの設計図や説明書がないことも多く、医師にあたる生徒たちは商品のホームページを探すなどして目の前のおもちゃと真剣に向き合う。

 「病院」は、グループを指導する実習助手の岸本あすかさん(22)の学生時代の体験がきっかけ。岸本さん…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです