メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際シンポ

渋谷で農と食 21日、日本・モザンビーク・ブラジル「民衆会議」 /東京

 アフリカ・モザンビークと南米ブラジルの小規模農家の現状を学び、食と農の未来を描く「国際シンポジウム&マルシェ」が21日、渋谷区の聖心女子大4号館で開かれる。オーガニック野菜などを販売するファーマーズマーケットもあり、国境を超えた交流を育む。

 日本、モザンビーク、ブラジルの農家や環境・人権団体などでつくる「3カ国民衆会議」が主催。グローバル化の推進で土地の使用権を奪われる危機に直面している小規模農家らを招く。

 主催者によると、日本が両国政府と進める政府開発援助(ODA)の農業開発プログラム「プロサバンナ」で…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文655文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです