メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンポジウム

仕事より命が大切 過労死遺族が訴え 新潟 /新潟

 11月の過労死等防止月間に合わせ、厚生労働省が全国で実施している「過労死等防止対策推進シンポジウム」が10日、新潟市中央区で開かれた。5年前に過労死したNHK記者の佐戸未和さん(当時31歳)の両親が登壇し、「人の命より大切な仕事はない。過労によって未来を失うことがあってはならない」と訴えた。

 「今でも夢の中に未和が出てくる。未和の突然の死で、私の人生は180度変わりました」。未和さんの母恵美子さんは冒頭、自身の心境をありのままに吐露した。

 未和さんはNHKの首都圏放送センターの記者として都議選や参院選の取材に奔走していた2013年7月、…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文686文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです