メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンポジウム

仕事より命が大切 過労死遺族が訴え 新潟 /新潟

 11月の過労死等防止月間に合わせ、厚生労働省が全国で実施している「過労死等防止対策推進シンポジウム」が10日、新潟市中央区で開かれた。5年前に過労死したNHK記者の佐戸未和さん(当時31歳)の両親が登壇し、「人の命より大切な仕事はない。過労によって未来を失うことがあってはならない」と訴えた。

 「今でも夢の中に未和が出てくる。未和の突然の死で、私の人生は180度変わりました」。未和さんの母恵美子さんは冒頭、自身の心境をありのままに吐露した。

 未和さんはNHKの首都圏放送センターの記者として都議選や参院選の取材に奔走していた2013年7月、…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです