メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本北陸書道院展

幅広い世代の逸品並ぶ 富山であすまで /富山

芸術の秋を彩る書道作品の数々=富山市新総曲輪の県民会館で、青山郁子撮影

 北陸最大の書道団体、日本北陸書道院(理事長=青柳志郎・毎日書道会参事)の第53回日本北陸書道院展が10日、富山市新総曲輪の県民会館で始まった。12日まで。入場無料。

 無鑑査・公募部門の「一般部」に約450点、幼児から高校生の「教育部」に約1100点を一堂に展示。日本の伝統美と現代性を兼ね備えた書の逸品が並ぶ。中でも青柳理事長の「静謐」は、厳しい渇筆が効いた円熟味漂う作品で、ひときわ注目を集めている。

 公募作品の審査では、最高賞の院展大賞に上野弘苑さん(富山市)の「乾坤」▽上野幸弘さん(高岡市)の「…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです