メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

大使公邸のタイ人料理人(その1) 日本外交、味で支える

インドの日本大使公邸で招宴の準備をするタイ人の料理人、スポット・カドペットさん。賓客をもてなすスポットさんの本格的な日本料理が日本外交を支える=ニューデリーで、松井聡撮影

 午前10時、インドの首都ニューデリーにある日本大使公邸の厨房(ちゅうぼう)で、招宴の準備が進んでいた。包丁を握るのはタイ人の公邸料理人、スポット・カドペットさん(46)だ。この日夜に平松賢司大使が迎える賓客は、インドファッションデザイン連盟の会長夫妻。スポットさんが腕を振るうメニューは本格的な日本料理が中心である。

 突き出し=ぎんなん焼き、生春巻き、コーンのかき揚げ▽小鉢=卵豆腐▽焼き物=鶏のけんちん焼き▽煮物=ジャガイモまんじゅう▽揚げ物=鯛(たい)のから揚げ▽お食事=枝豆ご飯、みそ汁、漬物▽デザート=メロン、マンゴー。ベジタリアンの会長夫人のために「冷ややっこ」と「なすのみそチーズ焼き」も特別に用意した。酒は岩手の大吟醸と山梨のワインだ。

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです