メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏独首脳

大戦終結の地で結束を演出 式典に出席

フランス・コンピエーニュ

 【パリ賀有勇】フランスのマクロン大統領とドイツのメルケル首相が10日、仏北部コンピエーニュを訪れた。同地は1918年11月11日にフランスなどの連合国とドイツが休戦協定に調印した第一次世界大戦終結の場所。両首脳は記念式典に出席し、平和への決意を新たにするとともに欧州統合の深化に向けた結束を演出した。

 大戦では仏独両軍340万人が犠牲となったといわれる。4日から仏各地の戦跡を訪問したマクロン氏は、メ…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文401文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  4. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  5. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです